Photoshop生成塗りつぶしの使い方: 詳細なチュートリアル

Adobe Photoshopは30年以上にわたり、画像編集のための定番ソフトウェアとなっています。2023年初頭、Adobeは画像編集の新しい大きな進化を遂げ、それが「Photoshop AI生成塗りつぶし」です。この最新バージョンを使用することで、画像に要素を追加または削除し、画像の幅や高さを拡張したり、背景を除去したりするなど、さまざまなことができます。この投稿では、Photoshop AI生成塗りつぶしの使い方、できること、効果的な使用のヒントについて説明します。さあ、掘り下げていきましょう。

Photoshop AI生成塗りつぶしとは?

Photoshop AI生成塗りつぶしとは何か

PhotoshopのAI生成塗りつぶしは、わずかなクリックで画像の要素を簡単に塗りつぶし、編集、削除できる強力な機能です。機械学習AIによって動作し、人間が同じことを行うのにかかる時間の一部で画像の一部または合成写真全体を生成します。Photoshopは画像の各ピクセルを分析し、照明、透視、色調、影を一致させ、非常にリアルなアート作品を生み出します。この非破壊ツールにより、変更が不満な場合は簡単に元に戻せます。なぜなら、すべての生成された要素がそれぞれのレイヤーとマスクとして整理されるからです。その結果、Photoshopの他のツール(ブレンディングモードやフィルタエフェクトなど)を使用して作成したデザインを強化し、変更できます。さらに、お気に入りのPhotoshopのキーボードショートカットとも連携します。

Photoshop AI生成塗りつぶしの利点

Photoshopの生成塗りつぶしを使用する主な理由は、時間の節約です。以前は画像に要素を追加または削除するのには時間がかかりました。周囲のピクセルに一致させるためにクローンツールを使用し、適切な照明や影などを追加する必要がありました。生成塗りつぶしの導入により、Adobeは追加または削除している要素が毎回完璧な写真になるようにすべての必要な手順を踏んでいます。適切な影、反射、照明、透視を追加し、手作業での時間のかかる編集作業を軽減します。もう一つの理由は、生成機能が高度に向上したため、高価なストック写真の購読を代替できる可能性があることです。初のPhotoshopベータ版でAdobeがAI機能を発表したときはあまり感動しなかったかもしれませんが、2023年9月に正式に世界に公開されて以来、信じられない進化を遂げました。生成機能は非常に優れており、生成された画像とストック画像の違いがほとんど分からないほどです。

Photoshop AI生成塗りつぶしの利用事例

Photoshop AI Generative Fill is so powerful it might change photo editing  forever | TechRadar

アイデアの発想の基点として

生成塗りつぶしを使用すると、テキストプロンプトを使用して画像の中に要素を素早く追加、削除、拡張することで、ユーザーはクリエイティブなビジョンを迅速に具現化できます。

複雑な編集

生成塗りつぶしは、画像の磨き上げ、修正、再構築に非常に適しています。例えば、普通の猫の写真を取って、驚くようなものに変えることができます。

不要な要素の削除

生成塗りつぶしを使用すると、写真から簡単に不要な要素を切り抜くことができます。例えば、写真からオブジェクトを取り除くことができます。

画像のゼロからの作成

生成塗りつぶしを使用して、背景、リアルなオブジェクト、あるいはゼロから完全な画像を作成することもできます。

Photoshopのダウンロード方法

Adobe introduces 'generative fill' to Photoshop with its Firefly AI tool -  SiliconANGLE

Adobe Photoshop AI生成塗りつぶしを使用するには、AdobeのCreative Cloudプラットフォームに加入する必要があります。もしくは、AdobeのFireflyウェブアプリで試してみることもできます。コストは必要なツールに応じて異なりますが、Photoshopは月額約21ドルで単独製品として入手できます。購入する前にPhotoshopの機能を試してみたい場合は、7日間の無料トライアルが提供されているため、続けて使用するかどうかを決定できます。サインアップしたら、ダウンロードボタンをクリックしてPhotoshopを入手します。これにより、コンピュータにCreative Suiteコントロールパネルがインストールされます。Creative Cloudダッシュボードを開き、アプリのタブに移動します。そこから、ダッシュボードの「ご利用のプランで利用可能」セクションでPhotoshopを検索します。アプリケーションをインストールするには、それをクリックします。

Photoshop AI生成塗りつぶしタスクバーの操作

How to Use Photoshop's AI Generative Fill Tool Right Now | Beebom

Photoshopをインストールしたら、作成を開始する準備が整いました。それに先立ち、生成塗りつぶしのコンテキストタスクバーとその設定を見て、どのツールがどこにあるかを知っておくことが重要です。新しい画像をインポートするか新しいドキュメントを作成した後、タスクバーは画像領域の下に表示されます。画像または主題が選択されていない場合のタスクバーの設定を以下に示します。また、各設定について簡単な説明も含めます。

  1. サブジェクトの選択: このボタンを使用して、Photoshopに写真の主題を選択させます。これは、写真の背景を削除したり、人物、車、動物などのサブジェクトを選択したりする場合に便利です。
  2. 背景の削除: PhotoshopはAIを使用して、写真の中で最も可能性の高いサブジェクトを検出し、その周りの背景を削除します。
  3. パスツール: ペンツールを使用してパスを描き、その後パスツールを選択して選択を作成できます。
  4. 調整レイヤーの追加: これにより、色調と画像のトーンを変更するための多くの調整プリセットの1つを適用できます。また、このツールを使用して独自の調整レイヤーを作成することもできます。
  5. タスクバーの外観: タスクバーを現在の位置に表示、非表示、ピン留め、またはピン留めを解除するかどうかを選択します。

画像で選択を行うには、サブジェクトを選択するツール(1)、いずれかのマーキーまたはラッソツール(2)、オブジェクト選択、クイックセレクション、またはマジックワンドツール(3)を使用できます。選択はそれに周囲のマーチングアンツ(4)で表示され、タスクバーに生成塗りつぶしツール(5)が表示されます。次に、主題が選択されている場合に利用可能なツールについて見てみましょう。

  • 生成塗りつぶし: テキストプロンプトを追加して画像を作成します。
  • 選択ツール: 境界を選択し、拡大、縮小、フェザー、スムーズ、または選択のためのマスクを作成できます。
  • 選択の反転: 選択の内側ではなく外側のピクセルを選択します。
  • マスクの選択の塗りつぶし: 色やグラデーションで選択を塗りつぶします。
  • 新しい調整レイヤーの作成: 新しい調整レイヤーを作成することができます。

Photoshop AI生成塗りつぶしの使用方法

Adobe Introduces 'Generative Fill' AI In Photoshop, Enabling Image Creation  Through Text Prompts - News18

Photoshop AI生成塗りつぶしツールの使用方法はいくつかあります。それを使用して画像をゼロから作成したり、オブジェクトと背景を削除したり、キャンバスのサイズを拡張したり、写真の要素を変更したり、背景やリアルなオブジェクトを生成したりすることができます。ツールはわずかですが、これらを使用することでデザイナーは低品質または魅力のない写真を編集する際に多くの時間を節約できます。

Photoshop AI生成塗りつぶしで画像を拡張

Photoshop生成塗りつぶしを最大限に活用する方法の1つは、画像のピクセルを拡張することです。これはすべてのタイプのユーザーにとって素晴らしい機能です。例えば、特定の寸法を持つ画像が必要な開発者や、完璧な写真を持っているがFacebookプロフィールには異なるサイズが必要なソーシャルメディアクリエイターなどが該当します。画像を拡張するには、クロップツールを選択します。クロップツールが選択されている状態で、画像コンテナの左側をクリックしてドラッグし、次に右側をクリックして均等なスペースを作成します。寸法に満足したら、Photoshopウィンドウの上部にあるツールバーのチェックボタンをクリックします。これが、Photoshopがキャンバスの空白領域を塗りつぶした後の画像の外観です。生成塗りつぶしを使用した後、生成されたレイヤーのプロパティには3つのバリエーションがあります。前述のように、Photoshopは新しいレイヤーを生成し、マスクを添付しているため、元の画像は変更されません。結果に満足しない場合は、生成ボタンをクリックして3つの新しいバリエーションが表示されます。これを繰り返して、求めている結果を得るためにプロセスを何度でも繰り返すことができます。ファイルサイズを減らすために除外するバリエーションを削除してください。

Photoshop AI生成塗りつぶしで背景を生成

キャンバスの画像領域を拡張するだけでなく、生成塗りつぶしを使用して画像の背景を置き換えることもできます。この手順では、車の画像の背景を削除し、ユタ州のソルトフラットを描写に置き換えます。まず、何も選択されていないことを確認します。画像には選択サブジェクトボタンを使用できますが、使用する画像によっては他の選択ツールの方が良い結果が得られるかもしれません。サブジェクトが選択されている状態で、選択を反転ツールをクリックします。必要な調整を加え、次に生成塗りつぶしボタンをクリックします。テキストプロンプトが表示されたら、表示したい背景を入力します。この例では「mountain trail」と入力し、次に生成ボタンをクリックします。さて、生成塗りつぶしを使用して背景を作成した後、画像の外観は以下のようになります。

Photoshop AI生成塗りつぶしでリアルなオブジェクトを生成

背景ができたら、生成塗りつぶしを使用して写真の男性のジャケットを変更してみましょう。クイックセレクションツール(1)を使用してデニムジャケットの周りに選択を描画します。シャツや周囲の領域の一部を含めないように注意してください。Photoshopはテキストプロンプトの情報で選択されたピクセルを上書きするため、慎重に行動してください。次に、生成塗りつぶしボタン(2)をクリックします。次のステップは次のプロンプトを入力することです。ここでは「puffer jacket」と入力し、次に生成をクリックします。ご覧の通り、Photoshopは男性のデニムジャケットをオレンジのパファージャケットに置き換えました。

Photoshop AI生成塗りつぶしでオブジェクトの削除または置換

Photoshop AI生成塗りつぶしのもう一つのクールな機能は、写真の中のオブジェクトを削除または置換する能力です。例えば、いくつかの欠陥を除いて完璧な画像があるとします。AIを使用すると、画像の一部を削除し、写真内の周囲のピクセルで埋めることができます。これはコンテンツに応じたツールのように見えますが、それ以上の機能を備えています。画像内の一部を取り替えると、泥だらけで奇妙な外観になる代わりに、置換された画像の部分は非常にシームレスで、ほとんど区別できないほどです。例えば、写真の女性のドレスの下半分を置き換えたいとします。そうするためには、ドレスの下半分を取り除く必要があります。生成塗りつぶしをクリックしてから生成をクリックします。これにより、Photoshopに選択されたピクセルを画像内の周囲のピクセルで置き換えるように伝えます。テキストプロンプトには何も入力せず、代わりに何かを追加したい場合を除いては空白のままにしてください。Photoshopはドレスを以前のように修正するのに十分な仕事をします。

Photoshop AI生成塗りつぶしでユニークな合成画像の作成

AI生成塗りつぶしは、異なる写真の要素を組み合わせてユニークな合成画像を作成するのにも非常に便利です。例えば、空に飛ぶ鳥の写真と走る犬の写真を使用して、空中で遊ぶ犬の写真を作成することができます。まず、それぞれの写真から適切な要素を選択します。選択が終わったら、生成塗りつぶしをクリックしてから生成をクリックします。次に、テキストプロンプトに合成画像に表示したい要素を入力します。例えば、「flying dog」と入力して生成ボタンをクリックします。すると、2つの写真から抽出した選択した要素が組み合わさり、新しい合成画像が作成されます。

Photoshop AI生成塗りつぶしのヒントと注意事項

高品質な結果を得るためのヒント

  • 選択のクオリティ: Photoshop AI生成塗りつぶしの成功は、選択された領域のクオリティに大きく依存します。クリアで正確な選択を行うことで、生成される結果も向上します。
  • テキストプロンプトの工夫: テキストプロンプトを適切に使用することで、生成される要素のスタイルや配置を制御できます。具体的で明確な指示を追加して、期待する結果を得るために工夫しましょう。

注意事項

  • 複雑な背景: 複雑な背景の写真では、生成された結果が不自然に見えることがあります。単純な背景を選ぶか、選択したサブジェクトの周囲を慎重にクリーンアップすることをお勧めします。
  • ディテールの損失: 一部の緻密なディテールが生成中に失われる可能性があります。細かい修正が必要な場合は、生成後に手動で修正することを考えてください。

AIによるテキスト指示で画風を変更する新しい手法

この方法は、元の画像の形や雰囲気をそのままに、AIにテキストで指示を与えることで画風を変更する手法です。具体的な手順は、Photoshopを使用して行います。まず、画像を開いて全体を選択し、クイックマスクモードに入ります。次に、編集の塗りつぶしを選択し、カラーピッカーでブラックの値を調整して、薄い膜のようなものを作ります。この膜の上に生成AIを使用して様々な表現を指示し、画風を変化させます。

この手法を使うことで、例えば油絵風や8ビットデザイン、ポリゴンアート風など、様々な画風に変更できます。クイックマスクモードや生成塗りつぶし機能を組み合わせ、簡単に魅力的な表現を生み出すことができます。

結論

Photoshop AI生成塗りつぶしは、画像編集の分野に革新をもたらしています。時間の節約、高品質な結果、クリエイティブな自由度の向上など、多くの利点があります。この記事ではPhotoshop AI生成塗りつぶしの基本的な使い方から高度なテクニックまでを網羅しました。是非、これらの手法を試して、自分のプロジェクトで活用してみてください。

続きを読む  Niji-journeyの紹介と始め方、使い方ガイド

Leave a Comment