Suno AIを使って日本語のオリジナル曲を作る方法

音楽制作は、才能と時間を必要とするプロセスであり、多くの人々にとって敷居が高いと感じられることがあります。しかし、最近ではAI技術の進歩により、誰でも簡単にオリジナルの曲を作成できるようになりました。その中でも、「Suno AI」はテキストから日本語のオリジナル曲を作成するための優れたツールです。この記事では、Suno AIを使って日本語のオリジナル曲を作る方法について詳しく解説します。

Suno AIとは?

Suno AIで日本語のオリジナルの曲の作り方

Suno AI(スノーエーアイ)は、テキストから音楽を生成する人工知能(AI)ツールです。このツールは、日本語の歌詞やテキストを入力すると、それをもとにしてボーカルを含むオリジナルの楽曲を生成します。Suno AIは、音楽制作を容易にし、音楽を作成するための高度なスキルや専門知識を持たない人々にとって、革新的な手段となっています。

Suno AIの特徴

Suno.AI で人工知能を使って音楽を作成する方法

Suno AIにはいくつかの特徴があります。それらを順に見ていきましょう。

高速生成

Suno AIはテキストから音楽を非常に迅速に生成します。ユーザーが歌詞やテキストを入力すると、数分以内に完成した楽曲を提供します。これにより、アイデアをすぐに音楽に変えることができます。プロジェクトの制作時間が大幅に短縮され、即座に音楽の創造を楽しむことができます。

多機能なオーディオ生成

Suno AIは、ボーカルだけでなく、バックトラック(伴奏)も生成します。さらに、同じボーカルとバックトラックに対して異なる歌詞を追加して、楽曲を拡張することが可能です。ユーザーは様々な音楽ジャンルやスタイルに合った楽曲を作成でき、オーディオの多様性が提供されます。

Discordとの連携

Suno AIはDiscordと連携しています。これにより、ユーザーはDiscordのコミュニティ内で音楽制作を行うことができます。他のユーザーと協力し、作品を共有し、コラボレーションする際にも便利です。音楽制作プロセスがコミュニティ全体で行えるため、新たなアイデアやプロジェクトが生まれやすくなります。

高度なカスタマイズ性と操作性

Suno AIが生成した楽曲に対して、ユーザーは独自のカスタマイズを行うことができます。楽曲の一部やアレンジを調整し、個人の音楽スタイルに合わせた楽曲を作成できます。この高度なカスタマイズ性は、ユーザーが完全にオリジナルの楽曲を制作する手助けとなります。

これらの特徴により、Suno AIは音楽制作のプロセスを効率化し、クリエイティブな自由度を提供します。制作時間の短縮、多様な音楽スタイルの探求、コミュニティ内でのコラボレーションなど、音楽制作体験がより楽しく、アクセス可能になります。この革新的なツールは、多くのミュージシャンやクリエイターにとって貴重なリソースとなっています。

Suno AIを使って日本語の曲を作る手順

Suno AIを使って日本語のオリジナル曲を作成する手順は以下の通りです。

Suno AIの公式サイトにアクセス

まず、Suno AIの公式サイトにアクセスします。Suno AIの公式サイトを開いてください。

ベータ版Discordに参加

公式サイトで、「Try the Beta Discord」をクリックします。これにより、Discordサーバーに招待されます。Discordをまだインストールしていない場合は、ここからダウンロードとインストールを行います。

DiscordでSuno AIを使用

Discordを開いて、Suno AIのサーバーにアクセスします。ここで音楽を生成することができます。以下は具体的な手順です。

「GENERATE」の中のチャンネルに入る

Suno AIのサーバーで、「GENERATE」の中のチャンネルに入ります。

ボットを呼び出す

画面下部のテキストボックスに「/chirp」と入力して、Suno AIボットを呼び出します。

スタイルとキーワードを設定

ポップアップウィンドウが表示されるので、スタイルを選択し、キーワードを指定します。これにより、生成される曲のスタイルと内容をカスタマイズできます。

曲の生成

設定が完了したら、Suno AIは数分以内に曲を生成します。生成された曲を聴いて、満足のいくものか確認しましょう。

ChatGPTを活用して、歌詞を生成し、日本語で歌わせる手法

Suno AIで日本語のオリジナルの曲の作り方

ChatGPTに歌詞を書かせて日本語で歌わせる方法は、以下の手順に従って実行できます。

テキストの入力:

ChatGPTに歌詞を書かせるために、歌詞のテキストを入力します。例えば、以下のようにChatGPTに対話で伝えることができます。

ユーザー: "新しい歌詞を書いてください。"
ChatGPT: (新しい歌詞を書く)

歌詞の生成:

ChatGPTはユーザーのリクエストに従って、新しい歌詞を生成します。ユーザーが歌詞のテーマやスタイルを指定している場合、それに基づいて歌詞を作成することができます。

歌詞の提示:

ChatGPTが歌詞を生成したら、その歌詞をユーザーに提示します。ユーザーが歌詞に満足するまで、必要に応じて修正を加えることができます。

歌の演奏:

生成した歌詞を歌にするために、プロの歌手に依頼する方法があります。歌手に歌詞を提供し、楽曲を制作してもらうことができます。

また、歌詞を作成した後、音楽プロデューサーと協力して楽曲全体を制作することも考えられます。このプロセスでは、テキストから始まり、実際の音楽作品へと進化させるためのクリエイティブなプロセスが含まれます。

注意点として、ChatGPTが生成した歌詞が完全にオリジナルの作品として使用できるかどうか、著作権や法的な規制に従う必要があることを覚えておいてください。また、プロの歌手や音楽制作チームとの協力が必要な場合もあるため、プロジェクトを進める際には適切なコミュニケーションとライセンスについても考慮することが重要です。

サンプルソングから別のソングを作成する方法

Suno AI - Musik und Gesang mit KI generieren (kostenlos)

サンプル楽曲から別の楽曲を生成する手順は以下の通りです:

  1. Suno AIのウェブサイトにアクセスし、ログインします。ログイン方法にはDiscordのアカウント、Googleのアカウント、またはMicrosoftのアカウントを選択できます。
  2. ログイン後、左側にある「Create」をクリックします。
  3. 下部にあるテキスト入力欄に、サンプル楽曲から出発点となるキーワードやテキストを入力します。
  4. 入力したキーワードを含む歌詞と楽曲を生成するために、「Create」ボタンをクリックします。
  5. 生成された楽曲は、キーワードに基づいて新しい歌詞と楽曲が創造されます。1度に2曲の異なるバージョンの楽曲が生成され、それぞれ異なるボーカルと楽曲で構成されています。
  6. 生成された楽曲は右側に再生ボタンがあり、そこから試聴できます。また、楽曲を保存するためにダウンロードアイコンをクリックできます。保存できるフォーマットにはmp4形式やmp3形式があります。

このようにして、サンプル楽曲から異なる楽曲を生成することができます。サンプル楽曲からのキーワード入力によって、新しい音楽が簡単に作成できる便利な機能です。

Stable Audioとの比較

テキストで指定した音楽を自動で生成するAI「Stable Audio」が登場 - GIGAZINE

Suno AIの最も魅力的な点は、ハイクオリティのボーカル付き楽曲を簡単に生成できることです。そのクオリティは他の音楽AIサービスと比較しても優れています。例えば、2023年9月に公開された「Stable Audio」と比較してみましょう。

Stable Audioは、テキストから曲を生成するAIツールですが、Suno AIとは異なり、歌詞を追加することはできません。そのため、ボーカル付きの音楽を生成することができません。Suno AIはボーカルと歌詞の両方を生成するため、より魅力的な曲を作成できます。

Suno AIとStable Audioの比較について、もっと詳しく説明します。これらは音楽生成における異なるアプローチを取るツールであり、各々の特徴があります。

  1. 音楽生成のアプローチ:
    • Suno AI: Suno AIは、テキストから音楽を生成するツールです。ユーザーが歌詞やテキストを提供することで、ボーカルを含むオリジナルの楽曲を生成します。ボーカルは高品質でリアルなもので、歌声を生成するのが特徴です。
    • Stable Audio: Stable Audioは、テキストで音楽のスタイルや要件を指定することで、楽曲が生成されますが、ボーカルを含むオリジナルの楽曲を生成することはできません。ボーカルトラックは含まれておらず、主に楽器の伴奏に焦点が当てられています。
  2. ボーカルの品質:
    • Suno AI: Suno AIは高品質なボーカルを生成するのが得意で、リアルな歌声を持つ楽曲を提供します。これにより、ユーザーはボーカルを含む完全な楽曲を制作できます。
    • Stable Audio: Stable Audioは楽器の伴奏に特化しており、ボーカルトラックは生成されません。ボーカルを必要とする場合、別途歌手やボーカリストを探す必要があります。
  3. 楽曲制作の用途:
    • Suno AI: Suno AIはボーカルを含むオリジナル楽曲の生成に適しています。アーティストやクリエイターが自分の歌声を必要とする場合や、ボーカルを強調した楽曲を制作する際に役立ちます。
    • Stable Audio: Stable Audioは楽器の伴奏を生成するのに適しており、楽曲制作のバックトラックを手軽に作成することができます。特にインストゥルメンタル楽曲の制作に適しています。
  4. カスタマイズ性:
    • Suno AI: Suno AIは楽曲のスタイルやキーワードをカスタマイズでき、ユーザーに高度な制作の自由度を提供します。
    • Stable Audio: Stable Audioもスタイルや要件を指定できますが、ボーカルのカスタマイズはできません。
  5. コミュニケーションとコラボレーション:
    • Suno AI: Suno AIはDiscordとの連携が可能で、コミュニティ内で音楽制作やコラボレーションを行うことができます。
    • Stable Audio: Stable Audioは主に楽曲制作のためのツールであり、コラボレーションには特に焦点を当てていません。

これらの比較ポイントを考慮すると、Suno AIとStable Audioはそれぞれ異なるニーズに対応するツールであることがわかります。Suno AIはボーカルを強調した楽曲制作に適しており、高品質なボーカルを必要とするユーザーやアーティストに向いています。一方、Stable Audioは楽器の伴奏に焦点を当てており、インストゥルメンタル楽曲の制作に役立ちます。ユーザーは自身の制作目標に合わせて、どちらのツールを選択するかを検討できます。

過去の音楽生成記録の確認方法

過去に生成した音楽を確認するためには、Suno AIを使用する際の特定の機能や履歴を活用する必要があります。以下にその手順を示します。

  1. Suno AIのダッシュボードにアクセス:
    • Suno AIのウェブサイトまたはアプリを開き、自分のアカウントにログインします。
  2. 生成履歴を確認:
    • Suno AIのダッシュボード内に、過去に生成した音楽やプロジェクトの一覧が表示されていることが一般的です。この一覧から過去の音楽を探すことができます。
  3. プロジェクト名や日付で検索:
    • 大量の生成履歴がある場合、プロジェクト名や生成日付を指定して検索を行うことで、特定の音楽を見つけやすくなります。
  4. 再生またはダウンロード:
    • 過去に生成した音楽を見つけたら、それを再生したり、ダウンロードしたりするオプションが通常提供されます。再生して確認するか、必要なファイルをダウンロードして保存できます。
  5. プロジェクトの管理:
    • 過去のプロジェクトや音楽に対して、編集や削除などの操作を行うこともできることがあります。必要に応じてプロジェクトを管理しましょう。

Suno AIの具体的なインターフェースや機能は、サービス提供者によって異なる場合があるため、ユーザーアカウント内で利用可能な具体的なオプションを確認してください。過去に生成した音楽を簡単にアクセスできるようにするために、適切なフォルダやタグを使用して整理することもお勧めです。

Suno AIの価格

Suno AIとは?曲を作曲してくれるAIがここまで来てる。実際に使ってみた

以下はSuno AIの価格表です:

プラン 価格 クレジット/月 商用利用可能 クレジットの追加 優先生成 同時生成数
Basic Plan 無料 50クレジット/日 非営利条件 チャージ不可 なし 2生成まで
Pro Plan 月10ドル 2,500クレジット 商用利用可 チャージ可 あり 10生成まで
Premier Plan 月30ドル 10,000クレジット 商用利用可 チャージ可 あり 10生成まで
Enterprise Plan 相談 カスタマイズ可 商用利用可 カスタマイズ可 カスタマイズ可 カスタマイズ可

 

注意: プランの詳細や料金は変更される可能性があるため、最新情報はSuno AIのウェブサイトから確認してください。

Suno AIとMidjourneyを使ったAIコンテンツ制作の4ステップガイド

「Suno AIとMidjourneyを使ったAIコンテンツ制作の4ステップガイド」は、AIを活用してコンテンツを作成する手順について詳しく説明するガイドです。このガイドでは、Suno AIとMidjourneyというAIツールを使用して、以下の4つのステップでコンテンツを制作する方法が示されています。

  1. ステップ1: 素材とテーマの設定 – まず最初に、制作するコンテンツのテーマを決定し、必要な素材を生成します。Midjourneyを使用して、画像やデザイン要素を生成し、コンテンツの基盤を作ります。このステップで、コンテンツの全体的なイメージを構築します。
  2. ステップ2: 歌詞の生成 – 次に、Suno AIを活用して、コンテンツに合った歌詞を生成します。例えば、CMやプロモーションビデオの歌詞を作成する場合、Suno AIにテーマや要件を指示し、自動的に歌詞を生成させます。これにより、音楽要素をコンテンツに追加することができます。
  3. ステップ3: 歌の制作 – ステップ2で生成した歌詞をもとに、歌を制作します。Suno AIを使用して、歌詞を歌に変換し、コンテンツに合った音楽を生成します。これにより、コンテンツに音楽要素を統合できます。
  4. ステップ4: コンテンツの完成 – 最後に、生成されたコンテンツを完成させます。Runway Gen2を使用して、AIによって生成された要素を組み合わせ、動画化してコンテンツを仕上げます。これにより、AIを活用したコンテンツ制作が簡便化され、高品質なコンテンツを効率的に制作することができます。
続きを読む  ChatGPTを使った話題のゲーム作成と収益化方法

このガイドは、AIを使ってコンテンツを制作するための手順を明確に説明し、Suno AI、Midjourney、Runway Gen2、ChatGPTなどのAIツールを組み合わせて効果的に活用する方法を示しています。これにより、クリエイティブなプロジェクトやコンテンツ制作において、AIを活用した新しいアプローチを採用する際の参考となるでしょう。

まとめ

Suno AIを使えば、誰でも簡単に日本語のオリジナル曲を作成できます。高速生成、多機能なオーディオ生成、Discordとの連携、高度なカスタマイズ性と操作性を備えたSuno AIは、音楽制作のプロセスを楽しいものに変えてくれます。将来的なアップデートにも期待が高まるこのツールを使って、自分の音楽の才能を発揮しましょう。

Leave a Comment