ChatGPTの新機能GPT-4V(ビジョン)を活用した11の仕事術

ChatGPTは、その言語モデルの強力さで知られていますが、最新のGPT-4V(ビジョン)の導入により、画像を解析しテキスト化する能力が加わり、さまざまな仕事シナリオでの活用が可能となりました。この記事では、GPT-4V(ビジョン)の新機能を活用して、11の仕事術を紹介します。

GPT-4Vの概要

GPT-4V』とは できることと効果的な使い方、注意点を解説 - AI比較ナビ

GPT-4Vは、OpenAIが開発したAIモデルであり、GPT-4Vに画像解析機能と音声出力機能を追加したマルチモーダルAIです。これにより、テキストだけでなく、画像と音声の入力に対応し、高度な会話やタスクを実行できるようになりました。GPT-4Vは、月額20ドルのPlusユーザーと企業向けエンタープライズユーザー向けに提供されています。しかし、プライバシーの問題や不適切な出力に対処するため、安全性の向上が必要であり、そのための改善策や評価が行われています。これにより、GPT-4VはAI技術の進化と多様性の向上に貢献しています。

GPT 4Vの機能と応用

GPT-4Vは、OpenAIが開発した最新の自然言語処理モデルで、非常に高度なテキスト生成と理解能力を持っています。以下は、GPT-4Vの主な機能とその応用についての詳細な説明です:

  1. 言語理解と生成: GPT-4Vは自然言語の理解と生成に優れており、テキストデータを高度に理解し、文や文章を生成する能力があります。これを応用すると、文章の要約、翻訳、質問応答、文章生成などのタスクを自動化できます。
  2. マルチモーダル対応: GPT-4Vは、テキストだけでなく、画像や音声などのマルチモーダルデータを処理できる能力を持っています。これにより、画像キャプション生成、音声からのテキスト生成、テキストと画像の関連付けなど、さまざまなタスクに応用できます。
  3. 問題解決と意思決定支援: GPT-4Vは、問題解決や意思決定を支援するために使用できます。複雑な問題に対する情報収集や専門的な知識の提供、戦略策定の支援などが可能です。
  4. 自動化と効率化: GPT-4Vを活用することで、ルーチンなタスクやカスタマーサポート、文書作成、データ分析など、さまざまな業務プロセスの自動化と効率化が実現できます。
  5. 創造性とコンテンツ生成: GPT-4Vは創造性に富んだコンテンツを生成することも可能です。小説、詩、広告コピー、音楽の作曲、美術作品の説明など、創造的な領域での応用が考えられます。
  6. カスタマイズと拡張性: GPT-4Vはカスタマイズ可能で、特定の業界や用途に合わせて調整できます。ドメイン固有の知識やトレーニングデータを組み込み、特定の専門知識を持ったモデルを構築することができます。

GPT-4Vの機能と応用は非常に幅広く、教育、医療、ビジネス、エンターテインメント、研究など、さまざまな分野で価値を提供しています。その能力を最大限に活用するためには、適切なトレーニングとカスタマイズが必要ですが、これにより高度な自動化、情報処理、意思決定支援などが実現できます。

仕事で GPT-4V (Vision) を使用する 11 の方法

ChatGPTは、AIの進化によってますます強力になり、新しい機能GPT-4V(ビジョン)を導入しました。この新機能を使って、ビジネスや仕事のさまざまな場面で驚くべき方法で活用することができます。以下では、11の仕事術を紹介し、その使い方について詳しく説明します。

画像からCSV

GPT-4Vのビジョン機能を使って、画像からCSVデータを抽出できます。これは、業務プロセスを自動化し、データ入力の手間を大幅に削減するのに役立ちます。

GPT-4V(ビジョン)の新機能を活用して、画像からCSVデータを抽出する方法を詳しく説明します。この機能は、ビジネスプロセスの効率化に役立ち、手作業を大幅に削減することができます。

1. 画像のアップロード

まず最初に、CSVデータを抽出したい画像をGPT-4Vにアップロードします。画像は、テキストデータに変換する対象を示すもので、その内容に応じて選択します。

2. 画像の解析

GPT-4Vは、アップロードされた画像を解析します。このプロセスでは、画像内のテキストや数値データを検出し、それをCSV形式に変換するための情報を抽出します。

3. テキストデータへの変換

解析が完了すると、GPT-4Vは画像内のデータをテキストデータに変換します。これには、表形式のデータやテキストが含まれます。たとえば、請求書の画像から商品名、数量、価格などが抽出され、CSV形式に整形されます。

4. CSVファイルの生成

最終的に、GPT-4VはテキストデータをCSVファイルとして生成します。このCSVファイルには、画像から抽出されたデータが整然と格納されています。これにより、データの取り込みや処理が簡単に行えるようになります。

5. データの活用

生成されたCSVファイルは、さまざまなビジネスアプリケーションやデータベースにインポートできます。たとえば、会計ソフトウェアや在庫管理システムにデータを取り込んで、効率的な業務処理を行うことができます。

この方法を使用することで、手作業でのデータ入力作業を大幅に削減し、正確性を向上させることができます。また、大量の画像データから一貫性のあるCSVデータを迅速に生成できるため、ビジネスプロセスの自動化やデータの効率的な活用が可能となります。 GPT-4Vの画像からCSVデータの抽出機能は、さまざまな業界や業務に適しており、ビジネスプロセスの改善に貢献します。

画像から状況を言語化

画像内の状況や物体をテキストに変換することができます。これにより、現場の状況をテキストで記述し、報告書やメモを作成する際に便利です。

GPT-4V(ビジョン)の新機能を使って、画像から状況や物体を言語化する方法を詳しく説明します。この機能は、ビジネスや仕事のさまざまな場面で役立ちます。

1. 画像のアップロード

まず最初に、言語化したい画像をGPT-4Vにアップロードします。これは、特定の状況や物体が写った画像です。アップロードすることで、GPT-4Vが画像を解析し、その内容を理解する準備が整います。

2. 画像の解析

GPT-4Vは、アップロードされた画像を解析します。このプロセスでは、画像内の物体、場所、色、サイズ、配置などに関する情報を収集します。この情報は、後で言語化する際に使用されます。

3. 状況のテキスト化

解析が完了すると、GPT-4Vは画像内の状況や物体をテキストデータに変換します。これには、具体的な説明や特徴、場所の詳細などが含まれます。例えば、工場の画像から「工場内には機械が多数配置され、作業員が製品を組み立てている」といった説明が生成されます。

4. テキストの活用

生成されたテキストデータは、報告書、メモ、プレゼンテーション、コミュニケーション資料など、さまざまな形式で活用できます。これにより、現場の状況を言語化し、他の人に簡潔かつ明確に伝えることが可能となります。

5. 用途の例

  • 品質管理: 製品の不良箇所や欠陥を写真から抽出し、品質管理報告を生成します。
  • 報告書作成: 建設現場や環境調査で撮影された画像から、報告書の記述を自動化します。
  • 監視システム: セキュリティカメラの映像をテキストに変換し、異常な事象を検出するのに役立ちます。

この方法を活用することで、画像内の状況を即座に言語化し、コミュニケーションやドキュメンテーションを簡素化できます。GPT-4Vの画像から状況を言語化する能力は、ビジネスプロセスの効率化や情報共有に貢献し、多くの業界で利用されています。

撮影技術のアドバイス

自撮り写真をGPT-4Vに送信し、撮影技術の評価と改善アドバイスを受けることができます。プロのカメラマンからのアドバイスを得る手間を省略できます。

この機能は、写真撮影に関する専門的なアドバイスを求める際に非常に役立ちます。

写真のアップロード

最初に、アドバイスを求めたい写真をGPT-4Vにアップロードします。この写真は、自撮りや他の種類の写真であっても構いません。重要なのは、写真に関する具体的な質問や要望を伝えることです。

解析と評価

GPT-4Vは、アップロードされた写真を詳細に解析し、撮影技術に関する評価を行います。これには、以下のような要素が含まれます:

  • 構図: 写真の構図が適切であるかどうか。
  • 露出: 明るさとコントラストが調整されているか。
  • ピント: 対象物が適切にピントされているか。
  • カラーバランス: 色調のバランスが取れているか。
  • コンポジション: 背景や被写体の配置が適切か。

アドバイスの提供

解析が完了すると、GPT-4Vは写真に関するアドバイスを提供します。これは、写真の改善点や具体的な修正方法に関するものです。たとえば、明るさを調整する方法、被写体のポーズの改善、背景の選択などが含まれます。

用途の例

  • 自撮り写真の向上: ソーシャルメディアプロフィール写真やポートレートの品質を向上させるためにアドバイスを受けることができます。
  • 商品写真の最適化: オンラインストアでの商品写真を向上させ、顧客の注意を引くためのアドバイスを受けます。
  • 旅行写真の美化: 旅行先で撮影した風景写真のクオリティを高めるためのアドバイスを得ることができます。

撮影技術のアドバイスを受けることにより、写真の品質が向上し、視覚的なメッセージがより効果的に伝わるようになります。また、プロの写真家からのアドバイスを受ける手間を省くことができます。この機能は、写真愛好家やプロフェッショナルにとって非常に有用です。

画像からコーディング

Webデザイナーや開発者にとって、画像からHTMLやCSSコードを生成する機能は非常に便利です。デザインのアイデアをすばやく実装できます。

GPT-4V(ビジョン)の新機能を利用して、画像からコーディング(コードの生成)を行う方法について詳しく説明します。この機能は、ウェブデザイナーや開発者にとって非常に便利で、デザインのアイデアを実装する際に役立ちます。

1. 画像のアップロード

最初に、コーディングを行いたい画像をGPT-4Vにアップロードします。この画像は、ウェブページやアプリケーションのデザインの一部を示しているもので、コーディングに関する具体的な要求や指示を含めることが重要です。

2. 画像の解析

GPT-4Vは、アップロードされた画像を詳細に解析し、デザインに関する情報を収集します。これには、以下の要素が含まれます:

  • レイアウト: 画像内の要素やコンポーネントの配置。
  • フォント: 使用されているフォントの種類とスタイル。
  • カラースキーム: カラーパレットや背景色の情報。
  • ボタンやリンク: 対話要素の特定。

3. コーディングの生成

解析が完了すると、GPT-4Vは画像内のデザイン要素に基づいてコーディングを生成します。これは、HTML、CSS、JavaScriptなどのコードで構成され、ウェブページやアプリケーションのデザインを再現するものです。生成されたコードは、指示に従って要素の配置、スタイル、インタラクションを再現します。

4. 用途の例

  • ウェブデザインの迅速なプロトタイピング: デザインのアイデアを画像で表現し、それを実際のコードに変換する際に利用します。
  • レスポンシブデザインのサポート: 画像からデザイン情報を抽出し、異なるデバイスに適応するコーディングを生成します。
  • インタラクティブな要素の追加: ボタン、フォーム、アニメーションなどの要素を画像から抽出し、対応するコードを生成します。

画像からコーディングを生成することにより、デザイナーと開発者の間のコラボレーションがスムーズになり、デザインのアイデアを迅速に実現することができます。また、デザインの変更や更新が必要な場合にも、画像からコーディングを生成し直すことが容易です。この機能は、ウェブデザインやアプリケーション開発の効率性を向上させ、プロジェクトの進行を迅速化します。

手書きの絵をSVG化

手書きの図面や絵をGPT-4Vに送信して、SVG形式のベクター画像に変換できます。これは、デザインプロジェクトで役立つことでしょう。

GPT-4V(ビジョン)の新機能を使用して、手書きの絵をSVG(スケーラブルベクターグラフィックス)形式に変換する方法について詳しく説明します。SVG形式は、ベクターグラフィックスの一種であり、イラストやアイコンなどの画像を高品質かつ拡大縮小しても劣化しない形式で保存できます。

1. 手書きの絵の作成

まず、手書きの絵を紙に描いたり、デジタルペンやタブレットを使用して作成します。この絵は、任意の対象やイラストであることができます。

2. 画像のアップロード

次に、手書きの絵をGPT-4Vにアップロードします。この画像を変換したいときに、特定の要求や変換の目的を伝えることが重要です。

3. 画像の解析

GPT-4Vは、アップロードされた手書きの絵を詳細に解析します。このプロセスでは、線、カラー、形状などの情報が収集されます。

4. SVG形式への変換

解析が完了すると、GPT-4Vは手書きの絵をSVG形式に変換します。SVGはベクターベースのフォーマットであるため、絵の品質は維持されたまま、拡大や縮小にも適しています。

5. 用途の例

  • ウェブデザイン: 手書きのアイコンやイラストをSVG形式に変換し、ウェブページに組み込むことができます。
  • プリントデザイン: パンフレットやチラシなどの印刷物に高品質な手書きのイラストを組み込みます。
  • アプリケーション開発: アプリケーションのUIやアイコンをSVG形式で使用し、異なる解像度のデバイスに適合させることができます。

手書きの絵をSVG形式に変換することにより、デザイナーやクリエイターは、高品質でスケーラブルなイラストやアイコンを作成し、さまざまなメディアやプラットフォームで利用できます。また、手書きのアートワークをデジタルプロジェクトに組み込むのに役立ち、クリエイティビティを発揮する幅が広がります。

スクショを模倣

特定のスクリーンショットを送信し、それを模倣するコードやデザインを生成できます。UI/UXデザイナーや開発者にとって便利な機能です。

1. 元のスクリーンショットの選択

まず、模倣したい元のスクリーンショットを選択します。これは、特定のウェブページ、アプリケーション画面、またはデジタルデザインの一部であるかもしれません。

2. スクリーンショットのアップロード

次に、選択したスクリーンショットをGPT-4Vにアップロードします。このスクリーンショットを基に、同様の画像を生成するための情報を提供します。

3. スクリーンショットの解析

GPT-4Vは、アップロードされたスクリーンショットを詳細に解析します。このプロセスでは、以下の要素が含まれます:

  • レイアウト: スクリーンショット内の要素やコンポーネントの配置。
  • テキスト: スクリーンショットに表示されるテキストの内容とスタイル。
  • カラースキーム: スクリーンショットのカラーパレットや背景色。
  • ボタンやアイコン: 対話要素の特定。

4. スクリーンショットの模倣

解析が完了すると、GPT-4Vは選択したスクリーンショットに基づいて新しい画像を生成します。これは、元のスクリーンショットと似た外観やレイアウトを持つもので、同様の要素やデザインが再現されます。

5. 用途の例

  • ウェブデザインのプロトタイピング: ウェブサイトやアプリケーションのデザインアイデアを素早くテストするために、スクリーンショットの模倣を使用します。
  • プレゼンテーション素材: 新しいデザインコンセプトやアプリケーションのプレビューを作成し、プレゼンテーションに使用します。
  • ユーザーフィードバック: デザインの提案やコンセプトをユーザーに示すために、スクリーンショットの模倣を使用します。

スクリーンショットを模倣することにより、デザイナーやデベロッパーは新しいアイデアやコンセプトを素早く可視化し、評価することができます。また、デザインの変更や改善を実験的に行う際にも便利です。この機能は、デザインプロセスを効率化し、デザインアイデアの実現を支援します。

JavaScriptで機能追加

WebアプリケーションにJavaScriptの機能を追加するためのコードを生成できます。開発プロセスを迅速化し、アプリの機能を強化できます。この機能は、ウェブアプリケーションやウェブサイトに新しい機能や機能改善を実装するために利用されます。

1. 機能のアイデアと要求の提供

最初に、追加したい機能や改善点に関するアイデアや要求を明確にします。これは、ウェブサイトやアプリケーションの特定の機能に関するものであり、具体的な要件や目標を含めることが重要です。

2. コードの生成

GPT-4Vは、提供されたアイデアや要求に基づいて、JavaScriptコードを生成します。このコードは、ウェブページやアプリケーションに組み込まれ、新しい機能を実現するために使用されます。コードは、特定のブラウザやフレームワークに依存せず、ウェブプラットフォームで動作します。

3. コードの組み込み

生成されたJavaScriptコードをウェブアプリケーションやウェブサイトのソースコードに組み込みます。これにより、新しい機能が実際に動作するようになります。コードの組み込みは、ウェブ開発者によって行われ、特定のプロジェクトに合わせてカスタマイズされます。

4. テストとデバッグ

新しい機能が実装されたら、テストとデバッグのプロセスが始まります。これにより、機能が期待どおりに動作し、バグやエラーが解消されることが確認されます。ウェブ開発者は、さまざまなブラウザやデバイスでテストを行い、クオリティコントロールを行います。

5. 用途の例

  • ユーザーインタラクションの改善: 新しいUI要素やインタラクティブな機能を追加して、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。
  • データ処理と分析: ウェブアプリケーションにデータ処理機能や分析ツールを組み込み、データの可視化やレポート生成をサポートします。
  • フォームの検証とエラー処理: ユーザーが入力する情報を検証し、エラーを効果的に処理するためのスクリプトを追加します。

JavaScriptで機能を追加することにより、ウェブアプリケーションやウェブサイトはより多くの機能を提供し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。また、新しい要件やビジネスのニーズに対応し、ウェブプロジェクトの柔軟性を高めます。開発者は、自動生成されたJavaScriptコードをカスタマイズし、プロジェクトに適合させることができます。

レシートをJSON形式で書き出す

紙のレシートを写真に撮り、GPT-4Vに送信すると、JSON形式のデータとして書き出すことができます。経費の管理が簡単になります。

1. レシートのスキャンまたはアップロード

まず、書き出したいレシートをスキャンしてデジタル形式に変換するか、デジタルレシートの画像をGPT-4Vにアップロードします。このステップでは、レシートの情報を取り込む準備をします。

2. レシートの解析

GPT-4Vは、アップロードされたレシートの画像を詳細に解析します。これには、以下の情報が含まれます:

  • 商品名: レシートに記載されている商品やサービスの名称。
  • 価格: 各商品やサービスの価格や金額。
  • 数量: 各商品やサービスの数量または単位。
  • 合計金額: レシート全体の合計金額や税金など。

3. JSON形式への変換

解析が完了すると、GPT-4Vは取得した情報をJSON形式に変換します。JSONは、データを階層的なキーと値の組み合わせで表現するための軽量なデータ形式であり、コンピューターやアプリケーションがデータを解釈しやすい形式です。各商品やサービスの情報は、JSONオブジェクト内に格納され、階層構造になります。

4. データのエクスポート

続きを読む  Kenji Instagramの使い方 2024ー - 信頼性と機能性の検証

生成されたJSONデータをエクスポートし、必要に応じて保存またはデータベースにアップロードします。これにより、レシートデータを効率的に管理できます。また、エクスポートされたデータは、他のアプリケーションやサービスと統合するために使用できます。

5. 用途の例

  • 経費管理アプリ: ビジネスプロフェッショナルや旅行者は、レシートをJSON形式に変換して経費をトラッキングし、会計処理を簡素化します。
  • 在庫管理システム: 小売業者やレストランは、商品の仕入れと在庫を管理するためにレシートデータをJSON形式で保存し、自動化されたプロセスを実装します。
  • データ分析: ビッグデータプロジェクトや市場調査では、JSON形式のデータを分析して消費トレンドや支出パターンを洞察します。

レシートをJSON形式で書き出すことにより、データの整理、分析、および活用が容易になり、効率的なデータ管理が可能になります。また、デジタルデータのエコシステムに適応し、データの取り扱いを自動化するための重要なステップです。

LPの改善点を聞く

ランディングページ(LP)のデザインやコンテンツについて、GPT-4Vにアドバイスを求めることができます。ユーザーエクスペリエンスを向上させましょう。

1. ランディングページの指定

まず、改善を希望する特定のLPを選択します。これは、ウェブサイトの特定のページ、キャンペーンの着陸ページ、または特定の製品やサービスに関連するページであるかもしれません。

2. 質問の準備

LPの改善点を聞く前に、具体的な質問や要望を準備します。改善の対象となる領域や要素に焦点を当て、具体的な情報を収集するための質問を考えます。たとえば、ユーザーエクスペリエンス、デザイン、コンテンツ、コールトゥアクション(CTA)などの領域が考えられます。

3. GPT-4Vに質問を投げる

準備が整ったら、GPT-4Vに改善点を聞くための質問を投げます。質問は具体的で詳細なものであるほど、より有用な回答を得る可能性が高くなります。たとえば、「LPのデザインを改善するための具体的な提案は何ですか?」といった質問が考えられます。

4. 回答の解析

GPT-4Vから提供された回答を詳細に解析します。改善点や提案、アイデアが含まれているかどうかを確認し、有用な情報を取り出します。回答には、デザインの改善、コンテンツの充実、CTAの最適化などの提案が含まれることが期待されます。

5. 実装とテスト

提供された改善点をもとに、LPの改善を実装します。変更を加えた後は、テストとユーザーフィードバックを収集し、効果を確認します。コンバージョン率の向上やユーザーエクスペリエンスの改善を測定します。

6. 継続的な改善

LPの改善は継続的なプロセスであるため、定期的にユーザーフィードバックを収集し、新たな改善点を探求します。GPT-4Vを活用して、LPを最適化し続けることが成功につながります。

ランディングページの改善点を聞くことにより、ウェブサイトやキャンペーンの効果を最大化し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるための具体的な提案を得ることができます。また、ユーザーのニーズや要望に応じてLPを最適化することで、ビジネスの成功に寄与します。

ネーミングアイデア出し

新しい製品やプロジェクトの名前を決定する際に、GPT-4Vにアイデアを提供してもらえます。クリエイティブな命名をサポートします。

1. 名前の対象を指定

まず、名前を付けたい対象やコンセプトを指定します。これは新しい製品、サービス、プロジェクト、ブログ、キャンペーン、イベントなどが考えられます。名前を必要とする具体的な対象を明確にしましょう。

2. 名前に関する詳細情報を提供

GPT-4Vに名前に関する詳細情報を提供します。これには、名前に含まれるべきキーワード、ブランドのイメージ、対象市場、競合他社の名前などが含まれます。詳細な情報を提供することで、GPT-4Vはより適切な名前の提案を生成します。

3. アイデアの生成

GPT-4Vに名前のアイデアを求めます。名前の提案は、異なるスタイルやトーン、言語で生成されることがあります。複数の提案を収集し、検討の余地があるかどうかを判断します。

4. フィードバックと絞り込み

提案された名前のリストを検討し、フィードバックを収集します。関係者やチームメンバーからの意見を取り入れ、最も適切な名前を選定するために絞り込みます。名前の響きや印象、記憶に残りやすさを評価します。

5. 商標やドメインの確認

最終的な名前の候補について、商標の可用性やウェブドメインの取得可能性を確認します。法的な制約や競合他社の存在に注意し、問題がない名前を選びます。

6. 名前の採用

最終的に選ばれた名前を採用し、関連するプロジェクトや製品に適用します。名前のブランディングや宣伝戦略に組み込むことで、成功に向けた一歩を踏み出します。

7. 用途の例

  • 新製品の命名: 新しい製品やサービスの名前を考案し、市場投入に使用します。
  • ブランドのリブランディング: 企業がブランドを再構築する際に、新しいブランド名を決定します。
  • イベントのタイトル: イベントやキャンペーンのタイトルを生成し、印象的な名前をつけます。

ネーミングアイデア出しは、ブランディングとマーケティングの重要な一部であり、適切な名前を選ぶことは成功に不可欠です。GPT-4Vの新機能を活用して、クリエイティブで効果的な名前を生成し、プロジェクトや製品の成功に貢献します。

画像からテキストの抽出

スキャンした文書や資料の画像からテキストを抽出できます。文書のデジタル化や情報の検索が効率的に行えます。

1. 画像のアップロードまたはスキャン

まず、テキストを抽出したい画像をデジタル形式にアップロードするか、スキャンしてデジタルデータに変換します。これにより、画像内のテキストをコンピューターが処理できる形式に変換します。

2. 画像の解析

GPT-4Vは、アップロードされた画像を詳細に解析します。画像内に含まれるテキストの位置、フォント、スタイル、サイズなどを識別し、テキストの領域を特定します。解析は高度なコンピュータービジョン技術を使用して行われます。

3. テキストの抽出

解析が完了すると、GPT-4Vは画像内のテキストを抽出します。これにより、画像内のテキストが文字列の形式で取得されます。抽出されたテキストは、その後の処理や利用に適した形式で提供されます。

4. テキストデータの利用

抽出されたテキストデータはさまざまな用途に使用できます。具体的な利用例は以下の通りです:

  • データベースへの保存: 抽出されたテキストはデータベースに保存され、後でアクセスや検索が可能になります。
  • 自動テキスト認識: 抽出されたテキストは自動テキスト認識(OCR)の一部として使用され、文書のデジタル化や検索に役立ちます。
  • テキストマイニング: テキストデータを分析し、情報抽出、感情分析、キーワード検索などのタスクに応用します。

5. 用途の例

  • 文書のデジタル化: 古い書類や文書をデジタルデータに変換し、電子化された文書を管理します。
  • レセプトの取得: 紙の領収書やレセプトから情報を抽出し、経費管理や会計処理を支援します。
  • イメージ検索: 画像内のテキストをキーワードとして使用し、関連する画像を検索します。

画像からテキストの抽出は、情報のデジタル化とアクセス可能性を向上させ、効率的なデータ管理を実現します。さらに、OCR技術の進化により、さまざまな業界で広く活用されています。

まとめ

これらの11の仕事術は、ChatGPTの新機能GPT-4V(ビジョン)を活用する際の優れた例です。ビジネスプロセスの自動化や情報の抽出、プロジェクトの迅速な推進など、さまざまな分野で役立ちます。ChatGPTは、仕事を効率化し、クリエイティビティを引き出す強力なツールとして、ますます多くの人々に活用されています。この新機能を使って、あなたのビジネスや仕事を向上させましょう!

Leave a Comment